オージス総研、リアルタイム・アプリケーション開発プラットフォームを提供するVANTIQ社への追加出資を実施 〜次世代型プラットフォームによりお客様のDX推進を加速〜
株式会社オージス総研

2020年3月26日 11時00分
1/3ページ



 Daigasグループの株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:中沢正和、以下オージス総研)は、VANTIQ, Inc.(本社:米国カリフォルニア、CEO:Marty Sprinzen、以下VANTIQ社)が実施する第三者割当増資の一部を引き受け、このたび追加出資を実施しました。今回の追加出資により、VANTIQ社の取締役会へのオブザーバー参加と協業体制のさらなる強化が可能となり、日本国内のお客様によりご満足いただけるソリューション提供が可能になりました。

 VANTIQ社は、イベント・ドリブン・アーキテクチャを採用した次世代型リアルタイム・アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ」を提供し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現を推進しています。VANTIQは、ビジネスの周辺で発生している重大な事象をリアルタイムに検知、分析し、瞬時に対応することを可能にするプラットフォームであり、クラウド上に開発から運用までの環境を提供(aPaaS)しています。これにより、リアルタイム性が高度に求められる業務への適用が可能になります。

 オージス総研はこれまで、VANTIQの革新的な技術に着目し、昨年6月よりVANTIQの提供を開始、当社がDaigasグループのシステム開発・運用で培った実績や、デザイン思考、アジャイル開発、IoT、AIなどの新技術と組み合わせたソリューション提供を進めてまいりました。今回の追加出資により、VANTIQ社とのパートナーシップをさらに強化することができ、お客様のDX実現を支援するサービス提供をより一層加速してまいります。

■VANTIQ, Inc. からのエンドースメント



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

オージス総研, VANTIQ, DX, デジタルトランスフォーメーション, aPaaS, アジャイル

カテゴリ
サービス
業種
IT
この企業の新着リリース

オージス総研、クラウドネイティブなシステムを実現する移行ソリューションを本格展開

オージス総研、『アナログメータ可視化サービス』の防水防塵機能を実現 〜屋内/屋外を問わず工場にあるアナログメータへの設置が可能に〜

オージス総研、「AWS Well-Architectedパートナープログラム」認定を取得


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.