「楽天ペイ(アプリ決済)」、西日本最大規模の学生数を擁する近畿大学構内の施設で導入 -同アプリの大学構内での導入は西日本初。生協や食堂で順次利用可能に-
学校法人近畿大学

2020年3月18日 13時00分
1/5ページ

近畿大学構内の「DNS POWER CAFE」
拡大



楽天グループの楽天ペイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 晃一、以下「楽天ペイメント」)と近畿大学(所在地:大阪府東大阪市、学長:細井 美彦)は、楽天ペイメントが運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、西日本最大規模の学生数を擁する近畿大学構内の生協や食堂において、3月21日(土)より順次利用可能(注1)となることをお知らせします。同アプリが大学構内で導入されるのは、西日本で初めてです。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、楽天会員であれば簡単に登録済みクレジットカードや楽天銀行口座を連携して利用開始できる顧客満足度No.1(注2)のスマホアプリ決済サービスです。利用者は、近畿大学構内の対象店舗でお会計の際、「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用してお支払いができます。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用することで、楽天グループのポイントプログラム「楽天ポイント」を、構内や街の様々なお店で支払いに使うことができます。また、支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天カード」(注3)のポイントを貯めることができます。

今回、近畿大学構内の店舗において「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用可能とすることで、店舗での決済手段を拡充し、国内1億を超える楽天会員と対象店舗を利用する学生や職員、一般の利用者に、より便利な決済体験を提供します。

楽天ペイメントと近畿大学は今後も、構内でのキャッシュレス決済体験の拡充を図り、利用者に利便性の高い決済環境を提供すべく、サービスの向上を目指してまいります。



続きを読む(1/5ページ)

キーワード

大学, 楽天ペイ, アプリ決済, キャッシュレス, 楽天ペイメント株式会社, スマホアプリ, 決済サービス, 導入, 食堂, 生協

カテゴリ
告知・募集企業動向サービス
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.