JR東日本の「高輪ゲートウェイ」駅を、パナソニックの照明が演出
パナソニックグループ

2020年3月13日 13時00分
1/2ページ

パナソニックの照明器具で演出された「高輪ゲートウェイ」駅
拡大
>>



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)の照明器具合計約1600台が、2020年3月14日(土)に開業する東日本旅客鉄道会社(以下、JR東日本)の新駅「高輪ゲートウェイ」駅を、柔らかな光で演出しています。

照明デザインは「街のランドマークとなる暖かな光の駅舎」をコンセプトとし、建築の特徴である折り紙をモチーフとした大屋根を照らし上げることで、柔らかな光に包まれたコンコースをつくられています。

大屋根には膜屋根が採用され、自然採光を活用することで、日中の照明電力量を削減。夜間は、できるだけ存在感を少なくした照明器具で、コンコース内部から大屋根を柔らかな光で照らし上げています。また、大屋根の梁に設置された照明器具がコンコース内の床面を照らし、空間全体の明るさ感を確保します。さらにホーム照明には、パナソニックとJR東日本で共同研究開発したPLC(電力線通信)による調光調色照明制御システムとホーム用照明器具が採用され、日中は自然光との調和を図るため昼白色〜白色の光、夕方からはコンコースと合わせて電球色の温かみのある光になっています。

なお、この照明デザインは世界で活躍している照明デザイナーの面出薫氏(株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ)によるものです。

※撮影協力:JR東日本

▼【特設サイト】
www2.panasonic.biz

▼【動画】高輪ゲートウェイ駅 LED照明器具納入事例
www.youtube.com



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, 受注・納入, 技術・研究開発, 照明器具, 高輪ゲートウェイ, JR東日本, 照明デザイン, PLC, 電力線通信, 面出薫

カテゴリ
製品サービス技術・開発
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

土壌と作物の状態を見える化し、サスティナブルな営農を支援する「栽培ナビドクター」の提供を開始

モバイルパソコン「Let's note」個人店頭向け夏モデル発売

モバイルノートパソコン「カスタマイズLet's note」パナソニック ストア夏モデルを発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.