PLC(電力線通信)による駅ホーム用の照明制御システムをJR東日本と共同研究開発 〜2020年3月14日開業予定の高輪ゲートウェイ駅に納入〜
パナソニックグループ

2020年3月4日 12時10分
1/3ページ

高輪ゲートウェイ駅のホーム照明 昼白色 1
拡大
>>



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とPLC(電力線通信)による調光調色が可能な駅ホーム用の照明制御システムを共同で研究開発。2020年3月14日に開業予定の新駅「高輪ゲートウェイ」駅に、合計594台のPLC通信部内蔵ホーム用照明器具を納入しました。なお、PLCによる調光調色照明制御が駅のホームに本格採用されるのは、国内初(※1)となります。

照明器具を調光調色するためには、電源線とは別に信号線を敷設する必要があり、費用と工期がかかるため、駅での照明制御システムの導入は数多くありません。特に、駅ホームでの改修は、工事可能な時間が終電から始発までの短時間に限られるため、導入しづらいという背景がありました。信号線不要の通信方式として無線方式がありますが、駅構内では無線LANや列車無線などさまざまな無線が利用されているため、混信による通信性能の低下が懸念されます。そこで、信号線が不要かつ無線を使わない方法としてPLCに着目しました。

PLCとは、電気機器にエネルギーを供給する電力線に高周波の通信用信号を乗せて伝送することにより、電力線を通信線としても利用する技術です。従来は、照明制御盤から各照明器具へ信号線を敷設する必要がありましたが、PLC照明制御システムでは信号線が不要になります。今回、駅ホームへのPLC導入の可能性を探るため、両社で共同研究開発を進めてきました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, 技術・研究開発, PLC, 電力線通信, 調光, 調色, 照明制御システム, 高輪ゲートウェイ, JR東日本

カテゴリ
技術・開発サービス業績報告
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱建設業
この企業の新着リリース

土壌と作物の状態を見える化し、サスティナブルな営農を支援する「栽培ナビドクター」の提供を開始

モバイルパソコン「Let's note」個人店頭向け夏モデル発売

モバイルノートパソコン「カスタマイズLet's note」パナソニック ストア夏モデルを発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.