「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催
学校法人近畿大学

2020年2月19日 14時00分
1/2ページ

近畿大学の学生が考案したロゴデザイン
拡大



令和2年(2020年)3月30日より放映されます連続テレビ小説「エール」のモデルである作曲家の古関 裕而(こせき ゆうじ)ゆかりの地、川俣町として下記の通り「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」を開催することとなりました。

【開催日時】
令和2年(2020年)2月25日(火)午後2時から午後2時30分

【開催場所】
川俣町役場庁舎1階受付窓口展示スペース

【開催内容】
(1)主催者あいさつ
   川俣町長 佐藤 金正
(2)共催者あいさつ
   古関 裕而ゆかりのまちかわまた協議会会長 佐久間 弘行
(3)来賓者あいさつ
   川俣町議会議員 高橋 道也様 他
(4)協力者紹介
(5)昭和初期、古関 裕而が使用したオルガンの展示
(6)「古関 裕而ゆかりの地 かわまた」ロゴ(近大学生デザイン)発表
(7)古関 裕而資料展示
(8)オルガン演奏

【今回の目的】
国民的な作曲家である古関 裕而氏は、本格的な作曲家として飛躍する青年期を川俣町で過ごし、その暮らしが「古関メロディー」に大きな影響を与えたとされています。
古関氏と本町がゆかり深い町であることを改めて認識し、古関氏が残した文化的な宝を、本町の財産として共有できる活動を行う事とします。
さらに、この財産を観光資源として活用する事によって、本町の交流人口及び関係人口の増加、地域経済の振興ほか本町の活性化に繋げていきます。
また、近畿大学(大阪府東大阪市)と福島県川俣町が平成24年(2012年)に締結した「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、近畿大学文芸学部芸術学科の学生が「古関 裕而×川俣町」をPRするためのロゴのデザインを行いました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

文芸学部, ロゴ, デザイン, 近畿大学PR展, 開催, 川俣町, 古関 裕而, ゆかりの地, 古関メロディー, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.