養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!
学校法人近畿大学

2020年2月18日 14時00分
1/3ページ

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 店舗イメージ
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)と、近畿大学発のベンチャー企業である株式会社アーマリン近大(和歌山県白浜町)は、3店舗目となる養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」を、令和2年(2020年)6月17日(水)にオープンするJR東京駅「グランスタ東京」新エリアに出店します。
店名は「近畿大学水産研究所 はなれ」として、これまでの2店舗と異なり、近畿大学が稚魚まで育て、その後各地の業者が育成した養殖魚「近大生まれの魚」を中心に提供します。また、国際基準の水産エコラベル認証制度「SCSA認証」によって、持続可能で環境に配慮して生産された養殖魚であると証明されたものを積極的に取り扱います。近畿大学は養殖魚専門料理店の運営などを通して養殖魚の価値向上に取り組んできましたが、日本の中心ともいえる東京駅で各地の養殖魚を提供することで、養殖業界全体の活性化と持続可能な水産業の確立に貢献します。

【本件のポイント】
●養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」の3店舗目をJR東京駅構内にオープン
●「近大生まれの魚」を提供し、養殖業界の活性化と持続可能な水産業の確立に貢献
●日本の中心ともいえる東京駅で近畿大学の研究力と日本の養殖魚の魅力を世界に発信

【養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」】



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

大学, ベンチャー企業, 株式会社アーマリン近大, 養殖魚専門料理店, 近畿大学水産研究所, オープン, グランスタ東京, はなれ, 近大マグロ, 養殖魚

カテゴリ
告知・募集CSR
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.