「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」に出展
パナソニックグループ

2020年2月7日 11時00分
1/2ページ

パナソニックブース外観イメージ
拡大


パナソニックグループの総合力で食品流通小売業向けに 快適で魅力ある店舗づくりと効率運営の両面から提案


パナソニック株式会社は、「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」(主催:一般社団法人 全国スーパーマーケット協会)に出展します。
食品流通小売業を取り巻く環境は、ライフスタイルや食事スタイルの変化、グローバルに展開される流通の変化、地球環境保護への企業の社会的責任、法・制度改正など、日々変化しています。食品流通小売業は深刻な人手不足を背景に、労働環境の改善や業務効率化の工夫、また一方で、集客できる魅力ある店づくりの両面が求められています。パナソニックグループは、「SHOW UP×省UP これからの店舗運営の新たな選択肢」をブーステーマに、消費者の食に求める価値や買物スタイルの多様化に対応した便利で魅力的な店づくり、そして、働く人の環境改善や作業の効率化、法規制や地球環境への対応、BCP対策など店舗運営における課題解決の一助となる「選択肢」を提案します。特に、目前に控えた食品衛生法の改正に伴う「HACCPに沿った衛生管理の制度化」を見据えた新サービスを紹介する予定です。

<展示会概要>
【展示会名称】第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020(略称:SMTS2020)www.smts.jp
【会期】2020年2月12日(水)〜14日(金)10:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
【会場】幕張メッセ 全館
【主な来場者】食品流通小売業、食品メーカー、設備機器メーカーなど
【来場者数】約90,000人(計画、3日間)



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

産業機器, 展示会・ショウルーム, 地球環境保護, ショーケース, BCP対策, ノンフロン, 省エネ, スーパーマーケット・トレードショー2020, HACCP対応, 衛生管理機器

カテゴリ
告知・募集サービス
業種
製造・メーカーサービス業電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

ディープラーニングの画像解析を小型エッジコンピュータで実現するVieurekaカメラの新機種 VRK-C301を提供開始

パナソニック「ホームナビゲーション」がさらに機能を充実〜ソフトウェアのアップデートにより防災の行動や備えを事前にアドバイス

【パナソニック リビング ショウルーム 岡崎】2020年3月28日(土)リニューアルオープン


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.