スーパーマーケット・トレードショー2020に、Vieurekaを活用した陳列什器用カメラ「ゴンドラカメラ」がパートナー企業のオカムラより出展
パナソニックグループ

2020年2月7日 11時00分
1/2ページ

「Vieurekaプラットフォーム」ロゴ
拡大



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、映像をAI処理してIoTエッジコンピューティングを実現する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム(以下、Vieureka PF)」のパートナープログラムを2019年4月より開始しています。今回、パートナー企業の株式会社オカムラ(以下、オカムラ)にVieureka PFを提供し、オカムラと株式会社シキノハイテック(以下、シキノハイテック)がVieureka対応陳列什器用カメラ「ゴンドラカメラ(※)」を開発しました。本システムは、2020年2月12日(水)〜14日(金)に幕張メッセで開催される「スーパーマーケット・トレードショー2020」に、オカムラのブースにて参考出展されます。
※ シキノハイテックのVieureka対応カメラモジュールを搭載


Vieureka対応カメラモジュールを内蔵した陳列什器取付用カメラです。Vieurekaプラットフォームを活用した店舗向け来客分析サービスにより、店舗の運営改善、マーケティングの高効率化が容易になります。カメラ設置のための天井工事が不要で、什器と一緒に設置や移設が可能になります。マーケティング用途に適した位置に設置することで、お客様の利用シーンにあわせた活用ができます。また店頭に陳列している商品在庫確認等の応用も可能になります。

【Vieurekaプラットフォーム概要】
AI処理可能なVieurekaカメラと、カメラ上で実行されるAIベースのアプリケーションを遠隔から個別アップデート・管理可能なクラウドベースのマネージメントソフト、アプリケーションを開発するためのソフトウェア開発環境で構成されます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, 技術・研究開発, Vieureka, パートナープログラム, スーパーマーケット・トレードショー2020, オカムラ, 陳列什器用カメラ, シキノハイテック, ゴンドラカメラ, IoTエッジコンピューティング

カテゴリ
告知・募集企業動向技術・開発
業種
製造・メーカー物流・運輸IT
この企業の新着リリース

テレビの「音」にもっと臨場感を!そんな望みに応える、スピーカー搭載LEDシーリングライトにスタンダード(薄型)タイプ「THE SOUND」が登場

ディープラーニングの画像解析を小型エッジコンピュータで実現するVieurekaカメラの新機種 VRK-C301を提供開始

パナソニック「ホームナビゲーション」がさらに機能を充実〜ソフトウェアのアップデートにより防災の行動や備えを事前にアドバイス


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.