QBITのロボットシステム、豊田合成のブースで展示 両社のコラボレーションにより、サービスロボット実用化を加速
株式会社QBIT Robotics

2020年2月5日 13時00分
1/2ページ

トップバリスタのハンドドリップを再現
拡大



 ロボティクス サービス プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)は、豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮ア 直樹、以下:豊田合成)が出展するブースにおいて、QBITと豊田合成のコラボハンドである「触覚ハンド」*を用いたデモンストレーションを2020年2月12日(水)からの3日間、実施します。

*「触覚ハンド」とは、軽くて柔らかく高精度な「e-Rubberセンサ」を用いた触覚付きロボットハンドです。従来難しかった、柔らかいものや異なるサイズのものも「触覚ハンド」なら容易に掴むことができ、QBITと豊田合成では、人手不足が深刻化している飲食やサービス業での触覚ハンド実用化に向け、コラボレーションを推し進めています。

◆デモンストレーション内容
QBITのロボットシステムに「触覚ハンド」を取り付け、サービスロボットが、ハンドドリップに挑戦します。具体的には、ポットやケトルなどを掴み、湯量や抽出時間を守ったドリップを行い、美味しいコーヒーを淹れます。試飲カップに同量ずつ注ぎ、来場者に振舞います。
 トップバリスタの技術を受け継ぎ、ロボットが一生懸命働く様子をお楽しみください。人とロボットが協働して働く社会は、すでに到来していると実感頂けます。

◆イベント情報
名称:第4回 ロボデックス
期間:2020年2月12日(水)〜14日(金)
時間:10:00〜18:00(最終日のみ17:00まで)
場所:東京ビッグサイト
   〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

◆QBIT Roboticsについて  www.qbit-robotics.jp



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

豊田合成, ロボット, バリスタロボ, 中野浩也, Robot, QBIT, ビッグサイト, ベンチャー, 人手不足, 接客ロボット

カテゴリ
サービス
業種
サービス業IT
この企業の新着リリース

EY Innovative Startup2020 受賞 QBITが優れたスタートアップ企業と、評価を受ける

養老乃瀧とQBITが実証実験 池袋で「ロボット酒場」を1/23より開店

「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択決定。 JR大宮駅構内でロボットパスタショップ事業の実証実験を開始。


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.