クレアンスメアード、Oracle Cloudで企業のオムニチャネル戦略支援サービスを強化
日本オラクル株式会社

2020年1月27日 11時00分
1/5ページ


ポイント管理・顧客管理システムのサービス基盤に「Oracle Autonomous Data Warehouse」、「Oracle Cloud Infrastructure」を導入し、多様化かつ高度化する顧客企業の分析ニーズに対応


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、株式会社クレアンスメアード(本社:東京都青梅市、代表取締役社長:菊池 一夫)が、同社がサービスとして提供しているポイント管理・顧客管理システムにおいて、「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Cloud Infrastructure」を導入したことを発表します。

クレアンスメアードが提供するポイント管理・顧客管理システムは、商品購入時などにおける顧客へのポイントの付与、購買履歴を含めた顧客情報のCRMによる管理などの機能を持つほか、実店舗のPOSやECサイトの購買情報の取得、さらにはスマートフォンアプリとの連携にも対応したサービスです。すでに流通小売、サービス業を中心とする多くの企業で採用されており、顧客管理や購買活動の分析、さらには実店舗、EC、Webアプリなど複数の顧客接点を統合するオムニチャネル戦略の基盤や複数ブランドをまたぐAPIの管理統合などのニーズに対応しています。



続きを読む(1/5ページ)

カテゴリ
製品サービス
業種
IT
この企業の新着リリース

マネックス証券、次世代証券基幹システムをOracle Exadata X8で刷新

西日本地域に国内2拠点目となるIaaS、PaaS、SaaSの豊富なクラウド・サービスを提供するリージョンを開設、国内での災害復旧能力を強化

NEC、グローバル事業の拡大を推進する経営スピードの向上を目的に、オラクルのクラウドで海外拠点の予実管理の可視化を実践


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.