アリペイジャパン、関西エアポート、パナソニックが関西国際空港でキャッシュレス決済機能付きショーケースを用いた物販の実証実験を実施
パナソニックグループ

2020年1月23日 17時50分
1/3ページ



アリペイジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表執行役員CEO:香山 誠、以下:アリペイジャパン)、関西エアポート株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役社長:山谷 佳之、以下:関西エアポート)、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏、以下:パナソニック)は、2020年1月24日(金)から30日(木)まで、関西国際空港第1ターミナルビルの国際線ゲートエリア内で、キャッシュレス決済機能付きショーケースを用いた物販の実証実験を行います。

昨今の訪日外国人旅行客数の増加に伴い、関西国際空港の利用者数も過去最高を記録するペースで急伸しています。中でも中国からの旅客数が非常に多く、国際線ゲートエリアの店舗では、混雑によりお買い物に想定以上の時間を要することもあります。これまでも関西国際空港では、キャッシュレス決済導入による店舗の混雑緩和など、ストレスフリーなショッピング環境の提供に取り組んできました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, 技術・研究開発, インバウンド, 中国, ショーケース, アリペイ, 関西国際空港, キャッシュレス, 実証実験

カテゴリ
サービス技術・開発
業種
製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

光害対策型の防犯灯・道路灯が、国内メーカー初「星空に優しい照明」の認証を取得

長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.