【船井総合研究所】医師1名の内科医院必見!外来患者を訪問診療で最期まで診るシステムを構築『第6回 高齢者が暮らしやすい地域を創る在宅医療経営セミナー』を開催
株式会社船井総合研究所

2020年1月16日 08時00分
1/2ページ

船井総合研究所オフィシャルサイト
拡大


医療事務1名からできる『地域連携室導入』が、認知症の早期発見、訪問診療の早期導入、通院離脱の防止、医師の負担軽減のカギとなる


株式会社船井総合研究所は2020年3月1日と15日、それぞれ東京本社と大阪本社において『第6回 高齢者が暮らしやすい地域を創る在宅医療経営セミナー』を開催いたします。

セミナー詳細・お申込みはこちらから
lpsec.funaisoken.co.jp

日本の外来診療における時流と役割は大きく変化しつつあります。大きな変化としては、外来患者のボリュームゾーンが経時的に高齢者にシフトしているなどが挙げられます。
今後の内科医院経営の時流は、いかに高齢患者を支えられるかが重要となります。主な役割としては、社会問題にもなりつつある、認知症予防と在宅医療への早期対応です。
厚生労働省の将来推計によると、2025年には認知症患者700万人・在宅患者100万人時代へ突入します。外来患者の認知症へ対応しつつ、必要であれば在宅医療へ移行させていくスムーズなかかりつけ医院の仕組み作りが重要になります。

本セミナーでは、ゲスト講師に医療法人社団 実幸会 理事長 いらはら診療所院長の苛原実氏をお招きします。
同院は医療事務1名からできる地域連携機能を構築しました。この機能により現在、同院の訪問診療の約3割の患者が外来からの継続です。
当日は、現在の診療体系に至るまでの前準備やスタッフ育成について、また現在の訪問体制や外来患者を最後まで支える秘訣についても公開いただきます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

医療, 訪問医療, 在宅医療, 医療事務, 高齢者, 内科, 外来, 経営, セミナー, 船井総研

カテゴリ
告知・募集
業種
サービス業
この企業の新着リリース

【船井総合研究所】<創業50周年 感謝企画> 経営者限定で参加費無料『事業承継セミナー』を全国で開催

【船井総合研究所】<創業50周年 感謝企画> 経営者・人事責任者限定で参加費無料『採用・人事トレンドの成功例をズバリ提言!セミナー』を全国各地で開催

【船井総合研究所】2020年以降の経営トレンドをズバリ未来予測!業界・テーマ別40分野超の『時流予測レポート2020』無料公開中


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.