商業広告を取り入れた路上変圧器の活用およびストリートサイネージ(R)による情報発信の実証実験を港区(虎ノ門エリア)と開始
パナソニックグループ

2020年1月16日 14時00分
1/3ページ

港区虎ノ門エリアに設置されたデジタルサイネージ搭載の路上変圧器
拡大
>>



パナソニック株式会社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、2社あわせて「パナソニック」)、東京電力パワーグリッド株式会社と東電タウンプランニング株式会社(以下、2社あわせて「東電PG」)は、港区と共同で、商業広告を取り入れた路上変圧器の活用およびストリートサイネージ(R)(※1)による情報発信の実証実験を2020年1月16日より虎ノ門エリアで開始します。

本実証実験は、商業広告を取り入れることで、ストリートサイネージ(R)の整備・維持管理費を創出し、地域・防災・観光などの情報発信の実用化を検証するものです。ラッピングも商業広告を取り入れます。路上変圧器は、防災・安全・景観の観点から推進されている無電柱化に伴い、設置が進んでおり、ディスプレイによる情報発信などに有効活用することで地域防災力の向上や観光振興が期待されています。このたび国土交通省が公募する路上変圧器を活用した防災・観光情報等の提供の有用性を検証する実証実験地域(※2)に、港区が都内で初めて選定されました。

設置場所は、2020年6月に開業する東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」(※3)の地上出入口付近で、交通結節機能の強化が期待されるエリアです。平時は、区政情報や観光・地域情報と共に商業広告の配信を行います。非常時は港区が発信する日本語・英語・中国語・ハングルの4言語の緊急情報をテロップで即時配信し、地域住民のみならず、今後も増加が見込まれる訪日外国人・来街者に対する地域アピールおよび大規模自然災害対策として役立てます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, 提携・共同発表, 実証実験, サイネージ, 路上変圧器, 広告, 港区, 防災, 観光情報, 虎ノ門ヒルズ駅

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱IT
この企業の新着リリース

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化

モバイルパソコンLet's note 組込みデータ消去プログラムが第三者機関の認証を取得

パナソニックの「響筒」と「PA!GO」が「iFデザインアワード2020」で金賞を受賞


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.