高齢者福祉施設向け「リズムサポート照明システム」で実証実験を実施
パナソニックグループ

2020年1月9日 13時40分
1/3ページ

「リズムサポート照明システム」イメージ(午前・日中)
拡大
>>



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、生活リズムをサポートする高齢者福祉施設向け「リズムサポート照明システム」を導入した施設での実証実験により(※1)、「リズムサポート照明システム」が健全な生活リズムを保ちやすくし、夜間の落ち着きを促すことを確認しました。また、夜勤スタッフの負担が軽減される影響もみられました。

パナソニックの「リズムサポート照明システム」が、「健都(北大阪健康医療都市:大阪府吹田市)」2街区の高齢者向けウェルネス住宅「patona吹田健都」内「エイジフリーハウス吹田健都プレミア」(2020年2月開業予定)内4ケ所に採用されました。なお採用された「リズムサポート照明システム」を構成する調光調色LED照明器具の数は合計114台、照明制御システムは4セットです。

一般に人は朝になると目が覚め、日中に活動し、夜になると眠くなって睡眠する生活リズムを送ります。このリズムは昼夜の明暗サイクルがない場所では、24時間ちょうどにはならず、少し長いことが多いと知られています。そのため、毎日少しずつリズムを調整して、24時間サイクルにあわせる必要があります。朝に十分な光を浴びることは、このリズム調整に効果的です。他にも調整作用をもつ因子はいくつか知られていますが、物理的な要因では「光」の影響が最大であることがわかっています(※2)。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, 実証実験, 照明, 高齢者福祉施設, 照明制御システム, 生活リズム, LED, 睡眠, 調光調色

カテゴリ
製品サービス技術・開発
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱サービス業
この企業の新着リリース

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化

モバイルパソコンLet's note 組込みデータ消去プログラムが第三者機関の認証を取得

パナソニックの「響筒」と「PA!GO」が「iFデザインアワード2020」で金賞を受賞


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.