近大経済学部生がフィールドワークで復興を支援 1/12・13 福島県川俣町にて現地調査
学校法人近畿大学

2020年1月8日 14時30分
1/3ページ

昨年度の報告会の様子
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)経済学部総合経済政策学科教授 片岡 博美ゼミの学生は、平成29年(2017年)9月から、福島県の委託を受けて「大学生等による地域創生推進事業」に取り組んでおり、今年で3年目を迎えます。集落復興支援策を企画立案するため、令和2年(2020年)1月12日(日)・13日(月)の2日間、福島県川俣町において現地調査を行います。

【本件のポイント】
●大学生の若い力で被災地の復興支援を目指し集落復興を支援する事業企画を提案
●学生が川俣町の新規定住人口の増加に向け、町を訪れてもらえるきっかけとなるようなPR動画を作成
●官学連携事業として、“オール近大”で復興支援に取り組む

【本件の内容】
近畿大学は、「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」と題して、14学部48学科を擁する総合大学としての研究力を生かし、平成25年(2013年)5月から復興支援に取り組んできました。平成29年(2017年)に、福島県川俣町との包括連携協定を締結したことで、活動の範囲が教育人材育成の領域にまで広がりました。これらを背景に昨年度から採択された「大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業」では、本学学生が川俣町との連携を基盤に、町の産業や文化の復興・振興に係る提言活動を行っています。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

経済学部, 総合経済政策学科, 復興支援, オール近大, 福島県, 川俣町, プロジェクト, 地域活性化, 東日本大震災, 片岡 博美

カテゴリ
CSRその他
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.