生物理工学部が初桜酒造と共同で商品開発 和歌山県産レモンを使ったリキュール「初桜の純レモン」を販売
学校法人近畿大学

2020年1月8日 14時00分
1/2ページ

初桜の純レモン
拡大



近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)は、初桜酒造株式会社(和歌山県伊都郡かつらぎ町)と共同で、和歌山県産レモンを100%使用したリキュール「初桜の純レモン」を開発しました。令和2年(2020年)1月10日(金)から販売を開始します。
また、このリキュールを使ったレモンサワーを、同年1月10日(金)〜31日(金)の期間限定で、養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」(梅田・銀座)にて提供します。

【本件のポイント】
●生物理工学部がある和歌山県産のレモンを100%使用したリキュールを発売
●高濃度のレモン果汁で「芳醇な果実感」と「マイルドでやさしい飲みやすさ」を実現
●和歌山県の産業振興を目的とした共同商品開発で地元の活性化に貢献

【本件の内容】
近畿大学生物理工学部食品安全工学科教授の木戸啓仁は、和歌山県の産業振興を目的とした農商工連携による農業の六次産業化に長く取り組んできました。今回、地元の材料にこだわって昔ながらの方法で地酒を製造している初桜酒造株式会社と共同で、和歌山県産レモンの果汁をふんだんに使ったリキュール「初桜の純レモン」を開発しました。和歌山県の特産品であるレモンの果汁を100%使用しており、芳醇な果実感に溢れながら、マイルドでやさしい飲みやすさを実現しています。
共同開発にあたっては、木戸が商品企画から販売に至る商品化の過程を全面的にマネジメントしました。また、試作品の評価やパッケージのコンセプト作成に、生物理工学部食品安全工学科食品システム研究室の学生も協力しています。

【商品販売の概要】
商品名 :初桜の純レモン



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

生物理工学部, 初桜酒造, 初桜の純レモン, 開発, レモン, 和歌山, 商品開発, リキュール, 期間限定, 提供

カテゴリ
告知・募集企業動向技術・開発
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.