ワイヤーアシスト技術で腕の動きをアシスト
パナソニックグループ

2019年12月18日 11時00分
1/3ページ

ATOUN MODEL Y用パーツ koteのプロトタイプ
拡大


〜ATOUN MODEL Y用パーツ“kote”を「2019国際ロボット展」にて初めて一般公開〜


株式会社ATOUN(アトウン、本社:奈良県奈良市、社長:藤本弘道、以下ATOUN)は、JALグランドサービスの協力のもとで実証実験を行いつつ開発を進めている、パワードウェア(※1)ATOUN MODEL Y(※2)用の腕の補助パーツ“kote”のプロトタイプを「2019国際ロボット展(2019年12月18日(水)〜21日(土)、東京ビッグサイト)」(※3)に出展いたします。「kote」を公的な場で一般公開するのは今回が初めてです。

荷物などの運搬にかかわる作業現場では、持ち上げる対象物の形状はさまざまで、作業内容も荷物の上げ下ろしだけでなく、コンテナの扉の開閉やメモの記入など多岐に及びます。そのため腕のサポートにも、人の動きを妨げずに、必要なときに必要な力を加えてくれる、柔軟で滑らかなアシスト機能が要求されています。こうした課題を踏まえて、株式会社JALグランドサービスの協力のもとで空港の手荷物搭載業務での実証実験を行い、全身の動きをセンシングして動作意図を読み取り、かつ人の腰・腕の動きに追従する腕のサポートを実現したのがプロトタイプkoteです。現場で求められる複雑な動きや、両腕を左右別々に制御できる機能も兼ね備えています。

koteは、販売中のパワードウェアATOUN MODEL Yに追加で取り付けることができるパーツです。MODEL Yとkoteを併用することで、腰と腕の両方をサポートすることができ、作業時の上半身の負担をトータルで軽減するとともに、作業効率の向上にも貢献します。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, 企業・法人向けソリューション, 技術・研究開発, パワードウェア, , 着るロボット, 身体負担, 国際ロボット展, センシング, 補助パーツ

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカーサービス業物流・運輸
この企業の新着リリース

光害対策型の防犯灯・道路灯が、国内メーカー初「星空に優しい照明」の認証を取得

長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.