ロボティックモビリティに組込むことを前提とした安全関連制御システムが国際規格適合証明を取得
パナソニックグループ

2019年12月18日 10時00分
1/2ページ

ロボティックモビリティ
拡大



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、ロボット技術を用いたパーソナルモビリティであるロボティックモビリティについて、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO13482で求められる機能安全対策として活用可能な安全関連制御システムとして、機能安全に関する国際規格であるIEC62061の適合証明を2019年9月12日付で取得しました。本証明は、一般財団法人 日本品質保証機構(以下、JQA)がパーソナルケアロボットに搭載されることを前提とした安全関連制御システムについて、「機械類の安全性-安全関連の電気・電子・プログラマブル電子制御システムの機能安全規格」であるIEC 62061に基づいて適合性を証明したものです。

ロボティックモビリティは、隊列走行機能や自律移動機能などロボット技術が搭載されたパーソナルモビリティです。例えば、空港などの大型施設で移動に支援が必要なユーザ(PRM:Passenger with Reduced Mobility)の、安全・安心・快適な移動をサポートすることができます。このロボティックモビリティ用の安全関連制御システムには、衝突防止、速度監視、センサ故障検知などの機能を搭載しており、人共存環境で活用されるロボティックモビリティの安全確保のために重要となる技術です。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, 技術・研究開発, ロボット, 国際規格, ロボティックモビリティ, ケアロボット, 生活支援, 機能安全, IEC6206, 日本品質保証機構

カテゴリ
業績報告技術・開発
業種
製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

光害対策型の防犯灯・道路灯が、国内メーカー初「星空に優しい照明」の認証を取得

長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.