法学部の学生が宮城県でフィールドワーク 災害・復興に対する行政の取組みについて現地調査を実施
学校法人近畿大学

2019年12月13日 14時00分
1/2ページ

過去に実施したフィールドワークの様子
拡大



近畿大学法学部(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)12月19日(木)〜21日(土)、林 晃大ゼミ(行政法)の学生による宮城県でのフィールドワークを実施します。東日本大震災からの復興を目指す宮城県における災害に対する地方自治体の取り組みについて、現地の様々な機関を訪れて聞き取りや現地調査などを行います。

【本件のポイント】
●フィールドワークで宮城県の様々な機関を訪れ、多角的な視点から調査・研究を行う
●学生が復興過程にある現地の実情を知ることで、災害対策を学ぶ
●被災した自治体から話を聞くことで、近畿圏の自治体が取り組むべき課題を考える機会とする

【本件の内容】
法学部の林 晃大ゼミ(行政法)では、平成27年(2015年)度から災害対策行政や復興行政の在り方について研究してきました。今回は研究の一環として、東日本大震災からの復興を目指す宮城県においてフィールドワークを行います。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

法学部, 3.11みらいサポート, フィールドワーク, 災害, 復興, 東日本大震災, 現地調査, 開催, 実施, 林 晃大

カテゴリ
告知・募集その他
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

近畿大学建築学部 4年間の学びの集大成 「近大展-近畿大学建築学部卒業設計展2020-」一般公開

受精卵の染色体分配異常が必ずしも出生に影響しないことを発見

「令和元年度 近畿大学九州短期大学総合発表会」開催 2年間の集大成となるオペレッタや音楽会、研究発表を披露


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.