屋外・店舗・調光市場向け照明器具用部材の価格改定について
パナソニックグループ

2019年12月13日 11時40分
1/2ページ



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、屋外・店舗・調光市場向けの照明器具用部材について、2020年4月1日より価格を改定します。

昨今、鋼板材料・樹脂材料などの原材料価格高騰に加え、人手不足を背景とした物流コストの高騰が続いています。パナソニックでは生産性の向上や合理化による経費の削減などにより、価格の維持に取り組んでまいりましたが、企業努力だけでは、製品価格を維持することが困難な状況となり、商品の安定供給およびサービスの向上を図るためにも、下記の通り、価格改定をすることになりました。

<対象商品及び価格改定率>
【分野】屋外用
【対象商品】ポール・フレーム・金具など
【品番数】83品番
【価格改定率】約19〜25%

【分野】店舗用
【対象商品】配線ダクトなど
【品番数】95品番
【価格改定率】約4〜16%

【分野】調光用
【対象商品】信号線式ライコンなど
【品番数】25品番
【価格改定率】約2〜20%

※価格改定率 希望小売価格に対する値上げ幅

◆価格改定実施日 2020年4月1日より

【お客様 お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付9:00〜18:00)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 屋外・店舗・調光市場向け照明器具用部材の価格改定について(2019年12月13日)
news.panasonic.com

<関連情報>
・パナソニック 価格改定のお知らせページ



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, 屋外, 店舗, 調光, 照明器具, 価格改定, 金具, 配線ダクト, 信号線式ライコン

カテゴリ
製品告知・募集企業動向
業種
建設業製造・メーカー
この企業の新着リリース

光害対策型の防犯灯・道路灯が、国内メーカー初「星空に優しい照明」の認証を取得

長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.