土地・建物のサブリースによる独自の運営スキーム「インバウンド・リンクシステム」を採用したパナソニック ホームズ初の特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』が竣工
パナソニックグループ

2019年12月11日 14時10分
1/2ページ

『BON Condo Namba Nipponbashi』外観
拡大
>>



パナソニック ホームズ株式会社(以下、パナソニック ホームズ)は、大阪市における「特区民泊(とっくみんぱく)」(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)(※1)に取り組み、このたび、大阪市中央区日本橋において、パナソニック ホームズとして第1号の施工請負実例となる特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』(ボンコンド なんばにっぽんばし)が竣工し、2019年12月11日にオープンします。

大阪市の特区民泊制度を利用したこの特区民泊は、パナソニック ホームズグループがオーナー様から土地・建物を一括借り上げの上、宿泊事業者へ転貸する独自の事業スキーム「インバウンド・リンクシステム(R)」(※2)を採用し、安定経営を提案します。また、将来的には賃貸マンションへの転用を可能とする設計にしており、需要変動のリスクにも対応しています。

建物は、大阪メトロ「日本橋駅」および「近鉄日本橋駅」から徒歩約2分の場所に立地する全54室・地上10階建。約40平方メートルの広さを確保した客室は、キッチンやダブルベッド2台を備え、家族やグループで訪日するケースが多い外国人旅行者が最大で5名宿泊できる(※3)設えになっています。
また、全室にパナソニック製の家電製品を設置しているほか、パナソニックビューティ(美容)家電やスピーカー付きダウンライト等を備えた客室も6室用意。パナソニックが提供する宿泊施設として、宿泊利用者が、泊まる(stay)・使う(use)・感じる(feel)過程を通し“cool Japanの空間"を体感いただける提案を行っています。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, その他 - 事業分野別, 特区民泊, 宿泊事業, インバウンド, サブリース, 転用, 賃貸マンション, 大阪市中央区

カテゴリ
サービス製品
業種
建設業不動産業製造・メーカー
この企業の新着リリース

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化

モバイルパソコンLet's note 組込みデータ消去プログラムが第三者機関の認証を取得

パナソニックの「響筒」と「PA!GO」が「iFデザインアワード2020」で金賞を受賞


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.