国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)採択のお知らせ
学校法人近畿大学

2019年12月6日 16時00分
1/2ページ



株式会社レナサイエンス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:棚P敦、以下「レナサイエンス」)は、同社が有する「精神症状を伴う月経前症候群/月経前不快気分障害患者に対するピリドキサミンの臨床開発」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)第4回公募にて採択されましたのでお知らせいたします。

本事業は、レナサイエンスが、産婦人科を重点領域に掲げるあすか製薬株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口隆、以下「あすか製薬」)、並びに学校法人近畿大学(本部:大阪府東大阪市、学長:細井美彦、以下「近畿大学」)など複数医療機関と共同で、精神症状を伴う月経前症候群/月経前不快気分障害に対する本邦初の新たな医薬品を開発することを目的としています。

対象疾患である精神症状を伴う月経前症候群/月経前不快気分障害は、月経前に認める著しい感情の不安定性や怒り、抑うつ気分、不安等を特徴とする疾患です。重症の場合には社会生活への影響が大きく、社会での認知も遅れていることから女性の社会活躍を妨げる大きな要因の一つと考えられます。これまで、我が国においては保険適応のある薬剤はなく、本疾患に対して有効かつ安全な新規治療薬の開発が、医療現場及び患者様から切望されています。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

大学, 株式会社レナサイエンス, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構, AMED, 医療研究開発革新基盤創成事業, CiCLE, 東京, 開発, 採択, 武田 卓

カテゴリ
調査・報告企業動向
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

近畿大学建築学部 4年間の学びの集大成 「近大展-近畿大学建築学部卒業設計展2020-」一般公開

受精卵の染色体分配異常が必ずしも出生に影響しないことを発見

「令和元年度 近畿大学九州短期大学総合発表会」開催 2年間の集大成となるオペレッタや音楽会、研究発表を披露


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.