コーヒー豆かすから作ったバイオ燃料でコーヒー豆を焙煎 循環型リサイクルで「コーヒー2050年問題」を解決へ
学校法人近畿大学

2019年12月6日 15時00分
1/3ページ

環境に配慮した商品「Global Goals Coffee」
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)と、コーヒー業界のパイオニアでありコーヒー豆の輸入から製品化まで手掛ける石光商事株式会社(兵庫県神戸市)は、コーヒー抽出後に出るコーヒー豆かすからバイオ燃料「バイオコークス」を製造し、それを燃料として焙煎した環境にやさしいコーヒーを産学連携で共同開発しました。
ドリップコーヒーバッグ「Global Goals Coffee」として商品化し、来年に販売開始予定ですが、販売に先駆けて、令和元年(2019年)12月9日(月)・10日(火)近畿大学東大阪キャンパスにて開催するSDGsイベントでサンプルを配布します。

【本件のポイント】
●コーヒー豆かすを原料にした「バイオコークス」でコーヒー豆を焙煎、環境に配慮した商品を開発
●地球温暖化による「コーヒー2050年問題」の対策となる、コーヒー豆かすの循環型リサイクル
●本商品を選ぶことで、消費者も「コーヒー2050年問題」解決とSDGs達成に貢献

【本件の概要】
コーヒーを抽出した後に残るコーヒー豆かすは、その多くが産業廃棄物として処理されています。近畿大学と石光商事株式会社は、コーヒー豆かすを原料としてバイオ燃料「バイオコークス」を製造し、それを燃料として焙煎したコーヒー「Global Goals Coffee」を共同開発しました。
近畿大学が研究・開発したバイオコークスは、植物由来の廃棄物を原料とする固形燃料で、植物由来エネルギーであるため利用時のCO2排出量がゼロカウントとなります。石光商事株式会社は、このコーヒー豆かすの循環型リサイクルを通じてコーヒー工場のCO2排出削減をめざします。

【開発の背景と今後の展開】



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

大学, バイオコークス, コーヒー2050年問題, SDGs, Global Goals Coffee, コーヒー, 石光商事株式会社, 循環型リサイクル, 開発, 商品

カテゴリ
技術・開発企業動向
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

近畿大学建築学部 4年間の学びの集大成 「近大展-近畿大学建築学部卒業設計展2020-」一般公開

受精卵の染色体分配異常が必ずしも出生に影響しないことを発見

「令和元年度 近畿大学九州短期大学総合発表会」開催 2年間の集大成となるオペレッタや音楽会、研究発表を披露


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.