男性と女性の腹部大動脈瘤成長速度はなぜ異なる? 卵巣機能の低下による血管劣化が悪化速度上昇の素因となる
学校法人近畿大学

2019年12月4日 19時00分
1/3ページ

正常な血管(左)、通常のメスに形成される腹部大動脈瘤(中央)、卵巣摘出したメスに形成される腹部大動脈瘤(右)
拡大



近畿大学農学部(奈良県奈良市)応用生命化学科・応用細胞生物学研究室(教授 森山 達哉)の元大学院生の宮本 智絵氏(2019年3月卒業/現在シオノギテクノアドバンスリサーチ株式会社)と農学部応用生命化学科 准教授の財満 信宏らは、腹部大動脈瘤の成長速度に男女差がある原因の一端を解明しました。本研究成果は、令和元年(2019年)12月4日(水)19時(日本時間)にネイチャー・パブリッシング・グループが発刊するScientific Reportsに掲載されました。

【本件のポイント】
●腹部大動脈瘤は女性患者よりも男性患者の方が約4倍多く、女性の腹部大動脈瘤は男性よりも成長が早く、破裂しやすい
●女性の卵巣機能の低下が、腹部大動脈瘤の進展速度上昇につながると考えられる
●女性の血管劣化を予防する治療薬や機能性食品の創出につながる知見

【本件の内容】
腹部大動脈瘤は、腹部大動脈が進行的に拡張することを主病変とする疾患で、司馬 遼太郎やアインシュタインの死因となった疾患としても有名です。世界的に男性に多い疾患であり、米国や英国では、65歳以上の男性に対してAAA(腹部大動脈瘤)検診が行われています。
腹部大動脈瘤の拡張につれ、破裂のリスクが高まります。男性患者数の方が約4倍多い一方で、女性の腹部大動脈瘤は男性よりも成長が早く、瘤も破裂しやすいという性差があることが知られていました。しかしながら、この性差が生じる理由は不明なままでした。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

農学部, 腹部大動脈瘤, 成長速度, 性差, 卵巣, 血管劣化, 研究, Scientific Reports, 森山 達哉, 財満 信宏

カテゴリ
調査・報告
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.