水産エコラベル認証の養殖魚を近畿大学水産研究所店舗で提供 環境に配慮した完全養殖でSDGs達成に貢献
学校法人近畿大学

2019年12月2日 14時30分
1/3ページ

近大マグロと選抜鮮魚のお造り6点盛り
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)の養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」では、令和元年(2019年)12月2日(月)から、NPO法人持続可能な水産養殖魚のための種苗認証協議会(SCSA)が運用する国際基準の水産エコラベル認証制度「SCSA認証」を取得した近大産養殖魚の提供を開始しました。
この認証は、持続可能で環境に配慮して生産された養殖魚であることを第三者によって公明・公正に証明するもので、SCSA認証を受けた養殖魚が飲食店で提供されるのは日本初となります。

【本件のポイント】
●近畿大学の養殖魚が、持続可能で環境に配慮して生産されていることを国際基準で証明
●認証された養殖魚を養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」で提供開始
●料理店での提供を通じて消費者に持続可能な養殖の重要性を訴え、SDGs達成に貢献

【水産エコラベルとSCSA認証】
近年、人口増加と経済成長を背景に、水産物需要の拡大と水産資源の枯渇が世界的な問題となっています。水産物供給が食糧確保のための重要なテーマとなる一方で、水産資源の枯渇や環境破壊に向かう生産は絶対に避けなければなりません。そこで、その水産物が資源の持続的な利用、地球環境の保全に配慮して生産されたものであるかどうかを第三者的に審査し、証明するのが「水産エコラベル認証制度」です。水産エコラベルが表示された商品を購入することで、消費者も地球資源の保全にかかわることができます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

水産研究所, 水産エコラベル, 近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所, SDGs, NPO法人, SCSA認証, 養殖魚, 提供, 日本初, 近大マグロ

カテゴリ
調査・報告告知・募集
業種
漁業官公庁・団体
この企業の新着リリース

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.