老舗豆腐処”株式会社くすむら”との産学連携プロジェクト 近大農学部発「Spicy Beans Curry」を学生食堂で販売
学校法人近畿大学

2019年11月29日 16時30分
1/2ページ

Spicy Beans Curry(スパイスビーンズカレー)
拡大



近畿大学農学部(奈良県奈良市)は、(株)くすむら(愛知県名古屋市)との産学連携により、「Spicy Beans Curry(スパイスビーンズカレー)」を企画・開発しました。令和元年(2019年)12月2日(月)から、近畿大学農学部学生食堂にて販売を開始します。

【本件のポイント】
●老舗豆腐処 株式会社くすむらの「おからペースト」を使用し、廃棄食材を活用した産学連携によるカレーを開発
●農学部食品栄養学科の学生が、商品の企画・開発を担当
●ダイエット志向の学生や教職員に優しい農学部ならではのエッセンスを盛り込んだメニューを提案

【本件の内容】
日本国内では、豆腐を製造する際に年間約70万tのおからが排出されており、その多くが産業廃棄物として処理され、問題となっています。一方、株式会社くすむらは大正3年創業の老舗豆腐処であり、高い企業理念のもと産業廃棄物であるおからの活用方法を模索する中で、「おからペースト」を開発し、旨味を残したおからを製造しています。平成29年(2017年)から「おからペースト」を活かした商品を開発すべく、株式会社くすむらと近畿大学農学部食品栄養学科給食経営管理学研究室(担当:准教授 冨田 圭子、助手 安岡 美総)が産学連携によるメニュー開発を進めてまいりました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

農学部, 産学連携プロジェクト, 株式会社くすむら, Spicy Beans Curry, カレー, 豆腐, 開発, 学生食堂, 販売, 冨田 圭子

カテゴリ
技術・開発企業動向
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

受精卵の染色体分配異常が必ずしも出生に影響しないことを発見

「令和元年度 近畿大学九州短期大学総合発表会」開催 2年間の集大成となるオペレッタや音楽会、研究発表を披露

通信教育部 公開講座『Step School』 「『金融革命最前線』〜金融・保険・証券の新潮流について〜」「とても身近な民事法世界と法による『手当て』」


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.