iPadで学校や家でも毎日学べるICT教育 考える力と豊かな表現力を養う新しい教育活動を公開!
学校法人近畿大学

2019年11月28日 14時00分
1/2ページ

iPadを使用した授業の様子
拡大



近畿大学附属小学校(奈良県奈良市)は、令和元年(2019年)12月7日(土)に、教育関係者を対象に、iPadを使った高学年の授業を「近大附小ICT"E-stage"Open Day」として公開します。

【本件のポイント】
●ICT教育によって自発的な学習を促し、意欲的に児童が授業に取り組む様子を公開
●児童1人1台のiPadを活用できる授業スタイルを提案
●他校の教員と情報交換することで、充実した教育を目指す

【本件の内容】
本校では、授業の質向上、問題解決学習の発展、児童の考える力の伸長を目的とし、平成28年度(2016年度)から共用のiPadを導入しています。
令和元年(2019年)4月より、5・6年生に1人1台のiPadを導入し、さらなるICT教育の充実・推進を図っています。本校の進めるICT教育のコンセプトは 「E-stage 〜この舞台ではだれもが主役〜」。自ら考え、自ら発信できるiPadというツールは、児童一人ひとりを学びの主役にします。「E-stage」の「E」は、「Elementary school(小学生らしく)・Enjoyable(楽しく)・Expressive(表現力豊かに)・Effective(効果的に)・Everyone(みんなで使える)」を表しており、毎日の授業や家庭学習で、子供たちが創造性豊かに、いきいきと学べる環境を用意しています。卒業生の約半数が附属中へ進学する本校では、中学校へ進学したときにリーダーとして活躍できる子供たちを育てたいと考えています。これから求められる新しい教育の実践に向けて、本校の教員が今まで大切にしてきた教育方法を生かしながら、新しい取り組みに挑戦する様子を他校の教員に見て頂き、研鑽を深めます。

【開催概要】
日時:令和元年12月7日(土)9:00〜12:45



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

附属小学校, iPad, E-stage, ICT教育, 学習, 児童, 授業, 他校, 情報交換, 教育

カテゴリ
告知・募集
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

小学生が忍耐力を養う「耐寒生駒登山」に挑戦! 励まし合いながらゴールを目指し、信頼と絆を深める

学生が町の活性化に貢献 「高野山観光情報センターikoya」の公式ロゴマークをデザイン

近畿大学建築学部 4年間の学びの集大成 「近大展-近畿大学建築学部卒業設計展2020-」一般公開


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.