飯塚市教育委員会主催「科学実験クラブ」に学生が協力 小学生に科学の楽しさを伝える
学校法人近畿大学

2019年11月22日 14時00分
1/2ページ

昨年の世界一行きたい科学広場 in 宗像の様子
拡大



近畿大学産業理工学部(福岡県飯塚市)生物環境化学科分析化学研究室、生体高分子工学研究室、生物環境化学研究会の学生が、令和元年(2019年)11月30日(土)に、イイヅカコミュニティセンターで行われる実験イベント「科学実験クラブ」にて、小学生を対象に科学の楽しさを伝える教室を開催します。

【本件のポイント】
●産業理工学部の学生が地域イベントに協力し、実験を通じて科学の楽しさを小学生に伝える
●学生の日頃の研究の成果を発表する機会
●学生主体で地域を活性化させ、地域創生に貢献する

【本件の内容】
「科学実験クラブ」は、子どもの科学に対する興味、関心を高めるために、様々な科学実験を体験する場を提供することを目的として、飯塚市教育委員会が初めて主催する科学イベントです。
当日は産業理工学部生物環境化学科分析化学研究室、生体高分子工学研究室、生物環境化学研究会の学生約10人が、「紙コップの中に「虹」を作ろう!」・「液体窒素を使って遊ぼう!」・「キラキラこねこね液晶を作ろう!」の3つの実験を行います。
小学生に日常の身近な「物の変化」や「色の変化」に興味を持ってもらい、科学の楽しさを伝えるだけでなく、学生にとっては日頃の研究の成果を発表する機会でもあります。地域主催のイベントへの参加を通して、地域との繋がり強化と地域活性化に貢献します。

【開催概要】
日  時:令和元年(2019年)11月30日(土)10:00〜12:00
場  所:イイヅカコミュニティセンター
     (福岡県飯塚市飯塚14番67号、JR福北ゆたか線「飯塚駅」から徒歩約10分)



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

産業理工学部, 生物環境化学科分析化学研究室, 生体高分子工学研究室, 生物環境化学研究会, 研究, 実験, イイヅカコミュニティセンター, 地域, 貢献, イベント

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

受精卵の染色体分配異常が必ずしも出生に影響しないことを発見

「令和元年度 近畿大学九州短期大学総合発表会」開催 2年間の集大成となるオペレッタや音楽会、研究発表を披露

通信教育部 公開講座『Step School』 「『金融革命最前線』〜金融・保険・証券の新潮流について〜」「とても身近な民事法世界と法による『手当て』」


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.