尾道の歴史や文化を再発見 尾道港開港850年記念行事開催
尾道市

2019年11月20日 14時10分
1/2ページ

記念講演会チラシ
拡大
>>



尾道港は、今年で開港850年を迎えました。
平安時代の嘉応元(1169)年、後白河法皇から備後国大田庄(現在の世羅町、三次市甲奴町の一部)という荘園の倉敷地(年貢米出港地)として認められたことで、港の歴史が始まります。その後は海運や造船で栄え、未だにその名残や昔ながらの景観を残す尾道。港やまちの歴史と文化に関連した、さまざまな行事を開催します。
尾道の魅力にふれる絶好の機会に、ぜひお越しください。

■尾道港開港850年記念講演会
日時 令和元年11月23日(祝日)14:00〜16:00
場所 しまなみ交流館 ホール
第一部 14:20〜 「尾道港の誕生から未来へ」 
講師 西井 亨(尾道市主任学芸員)
第二部 15:00〜 「海事局長室@尾道〜海事産業による地域活性化〜」
講師 大坪新一郎さん(国土交通省海事局長)

◇当日は、尾道駅前港湾緑地で「コメフェスタ」も開催。
餅巻きや新米の無料配布など、各種イベントあり。

問い合わせ先 港湾振興課(TEL0848-22-8158)
HP www.city.onomichi.hiroshima.jp
尾道商工会議所(TEL0848-22-2165/FAX0848-25-2450)
HP onomichi-cci.or.jp


■『東京物語』と尾道 原風景への旅
尾道が舞台となった小津安二郎監督の映画、「東京物語」(1953年公開)。未だに根強い人気のあるこの映画をテーマに、尾道の文化や歴史を検証しながら、その魅力を語り合います。

日時 令和元年11月25日(月曜)19:00〜21:00
場所 しまなみ交流館



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

尾道市, 尾道港開港850年, 平山角左衛門, 後白河法皇, 備後国大田庄, 東京物語, 小津安二郎, 戸田芳樹, 林海象, アミール・ナデリ

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

街中が柔らかな光に包まれる 第16回尾道灯りまつり開催

「家族」をテーマに親子展開催 圓鍔勝三彫刻美術館

15組の絵本作家たちによる「絵本原画ニャ―! 〜猫が歩く絵本の世界〜」 開催!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.