経産省の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参画。 〜小売・飲食分野におけるサービスロボット普及を目指す〜
株式会社QBIT Robotics

2019年11月12日 12時00分
1/2ページ

&robot cafe system
拡大
>>



 ロボティクス・サービス・プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)は、経済産業省が立ち上げた「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース(以下、ロボットTF)」の趣旨に賛同し、参画します。
ロボットTFは、内閣府、厚生労働省、文部科学省、経済産業省が2019年7月に合同で取りまとめた「ロボットによる社会変革推進計画」に則り、2019年10月に設置されました。QBITは特に、小売・飲食分野におけるロボット実装モデルの検討・構築を担います。

◆参画の背景/ビジョン
 QBITはこれまでも、飲食業、鉄道/運輸、アミューズメント業など各種サービス業に対し、深刻化する人手不足への解決策の一つとして協働ロボットの活用を進めてきました。実際に、AIと協働ロボットを用い、調理補助や接客を行えるロボットサービスを開発し提供しています。こうしたロボットサービスの導入経験や提案経験を通し、QBITは現在のロボット環境や法整備に対する問題意識を以前から抱いておりました。また、ロボットカフェのパッケージ「&robot café system」実装において、「ロボットフレンドリーな環境」構築を実践してきたとの自負があります。
ロボットTF参画を機にQBITは、多くのユーザー企業やロボットメーカーと、より深くより実現的にロボット活用への対話・検討を行います。企業の壁を超え、ロボットTFメンバーとともにロボット実装モデルを創出し、サービスロボットの普及を目指します。

◆関連資料
  ・経済産業省によるプレスリリース別紙



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

協働ロボット, ロボット, 経産省, 中野浩也, 経済産業省, QBIT, ロボット実装モデル, Foodtech, 人手不足, 狩野昌央

カテゴリ
企業動向業績報告
業種
サービス業IT
この企業の新着リリース

「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択決定。 JR大宮駅構内でロボットパスタショップ事業の実証実験を開始。

阪急阪神グループが、QBITロボットサービスを採用 ロボットとAIを用いた店舗マーケティングの実証実験を実施

“話して、踊って、しっかり働く。” ロボット店長が人手不足の解決と売上貢献を一気に担う。


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.