就きたい職業がある中高生の7割が、“実現のため努力している”と回答 保護者は子どもに「得意を生かせる」「ワーク・ライフ・バランス」「安定した」職業を希望 〜11月23日は勤労感謝の日!家庭の職業観に関する意識調査〜
Z会グループ

2019年11月5日 13時00分
1/6ページ

子どもには就きたい職業がありますか
拡大
>>



Z会グループ(www.zkai-gr.co.jp)の株式会社栄光(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:下田勝昭)が運営する進学塾・栄光ゼミナール(www.eikoh-seminar.com)は、2019年9月11日(水)〜9月25日(水)に、家庭の職業観に関する意識調査を実施し、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者770人の有効回答が得られました。


■将来就きたい職業がある中高生の67.8% が「就きたい職業のために取り組んでいることがある」
■子どもの仕事で気にかけたいのは「ワーク・ライフ・バランス」保護者の3人に1人以上、「有名企業かどうか」を気にする保護者は減少傾向
■子どもと職業について話す機会 「日常会話の中で」「受験など進学・進路を考える時」、小学生では「職業体験ができる施設・ワークショップ」もきっかけに
(栄光ゼミナール調べ)


【子どもには、将来就きたい職業がありますか。】(n=763(うち小学生389、中高生374)、単一回答方式)
子どもには将来就きたい職業があるかを聞いたところ、小学生の保護者68.1%、中高生の保護者55.6%が「ある」と回答した。
小学生と中高生を比べると、小学生の方が将来就きたい職業がある割合が高い結果となった。中高生はより現実的に職業を考える機会が増え、興味がある分野、得意なことを生かせる職業などを、見極めている段階にあると考えられる。

【将来就きたい職業のために子どもが取り組んでいることはありますか。】(n=472(うち小学生264、中高生208)、単一回答方式)



続きを読む(1/6ページ)

キーワード

小学生, 中学生, 高校生, 職業, キャリア, 職業体験, 将来, 仕事, 保護者

カテゴリ
調査・報告
業種
サービス業
この企業の新着リリース

【Z会の本】『Z会小学生わくわくワークシリーズ』2019・2020年度用総復習編 発刊

【Z会の本】大好評の「グレードアップ問題集」シリーズに、小6向け新刊が登場!!

【Z会の通信教育・高1高2】冬からの学習に役立つ3大特典もらえる!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.