阪急阪神グループが、QBITロボットサービスを採用 ロボットとAIを用いた店舗マーケティングの実証実験を実施
株式会社QBIT Robotics

2019年10月29日 14時00分
1/4ページ

ドリップコーヒーも淹れます
拡大
>>



 ロボティクス・サービス・プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)は、ロボットカフェのパッケージ「&robot café system」 を用いた新しい形態の店舗マーケティング実証実験を11月9日から阪神西宮駅商業施設「エビスタ西宮(兵庫県西宮市)」で実施することになりましたのでお知らせします。
QBITはカフェ業態事業の一環としてUCCグループと共同でロボットカフェのパッケージ「&robot café system」(以下:本パッケージ)を受注販売しており、阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林 常夫)と阪急阪神ビルマネジメント株式会社(本社:大阪市北区、社長:出ア 弘)の2社がこのほど本パッケージを採用することを決定しました。これにより、飲食店経営の有限会社トロワイグレック ラテールグループ(本社:兵庫県西宮市、社長:山本 俊)が運営主体となり、2019年11月9日(土)から西宮駅商業施設「エビスタ西宮」に、Cave de Terre(カーブ ド テール)エビスタ西宮店「カフェロボット」(以下:本店舗)を開店することになりました。QBITは、ロボットとAIを用いた、新たな店舗マーケティングの実証実験を行います。

◆Cave de Terreエビスタ西宮店「カフェロボット」店舗情報
 ロボットがお客さまの注文を受け、ドリンクを作り、提供します。店舗周りの状況やお客さまに合わせて話したり踊ったりするなど、楽しい接客を行います。

 開店日 2019年11月9日(土)〜 
 場所 西宮駅商業施設(駅直結)「エビスタ西宮」1F STREET KITCHEN
    〒662-0973 兵庫県西宮市田中町1-6



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

協働ロボット, ロボット, エビスタ, 中野浩也, 狩野昌央, QBIT, 阪神西宮駅, ベンチャー, 人手不足, ロボットカフェ

カテゴリ
サービス
業種
サービス業IT
この企業の新着リリース

「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択決定。 JR大宮駅構内でロボットパスタショップ事業の実証実験を開始。

経産省の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参画。 〜小売・飲食分野におけるサービスロボット普及を目指す〜

“話して、踊って、しっかり働く。” ロボット店長が人手不足の解決と売上貢献を一気に担う。


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.