平成30年7月の豪雨から1年 被災した福富町に復興シンボルを制作!
学校法人近畿大学

2019年10月7日 15時00分
1/2ページ

「福富ハレやぐら」制作の様子
拡大



近畿大学工学部(広島県東広島市)の建築学科 准教授 谷川 大輔とゼミ学生は、平成30年(2018年)7月の豪雨で被災した福富町の復興シンボルとして「福富ハレやぐら」を制作しました。令和元年(2019年)10月14日(月・祝)、「復興記念マルシェ」の開催に合わせて完成披露会を行います。

【本件のポイント】
●平成30年(2018年)7月の豪雨による被災からの復興シンボル「福富ハレやぐら」が完成
●常設東屋「郷のえんがわ」も学生らの作品で、被災していたものを復旧
●「福富ハレやぐら」は100%福富町の樹木を活用し、森のメンテナンスの役割を果たす

【本件の内容】
近畿大学工学部建築学科 准教授 谷川 大輔と歴史意匠研究室は、平成27年(2015年)から継続して福富町と連携を行いまちづくりに参加し、「星降るテラスプロジェクト」と称して、築100年超の古民家を地域のコミュニティスペースとしてリノベーションするほか、福富地域の朝市「たけにの郷のえんがわマルシェ」や地域の祭りに参加するなど日常的に福富町と交流をおこなっています。
福富町では、平成30年(2018年)7月の豪雨により、河川の決壊など甚大な被害を受け、学生がマルシェ開催時に使用できるよう制作した常設東屋「郷のえんがわ」が半壊、また隣接する特産品直売所も浸水被害等で約5カ月間、休業を余儀なくされました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

工学部, 福富町, 福富ハレやぐら, 被災, 復興記念マルシェ, 復興, シンボル, 開催, 歴史意匠研究室, 谷川 大輔

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「キャッシュレス学園祭」 近畿大学が開催する西日本最大級「第71回生駒祭」の全屋台にキャッシュレス決済導入 「メルペイ」「LINE Pay」がコード決済提供

小学生が裁判官に!法廷教室で「摸擬裁判体験」 社会の一員としての自覚や司法への理解と倫理観を養う

「性犯罪被害防止教室」開催 女子高校生が危険回避術を体験


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.