岡山理科大学大学院楠瀬さん 国際会議で2度目のベストプレゼン賞/検査ロボットの研究発表
岡山理科大学

2019年10月4日 17時00分
1/2ページ

2度目のベストプレゼンテーション賞を受賞した楠瀬さん(左)
拡大



岡山理科大学(岡山市北区理大町)大学院工学研究科修士課程・知能機械工学専攻の楠瀬系知(くすのせ・けいち)さんが2019年9月末、ロボットや高度オートメーション技術の発表の場となる東京での国際会議で、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。楠瀬さんの同賞受賞は工学部4年時、香港で行われた国際会議に続いて2度目です。

参加したのは「ICIMA2019(International Conference on Intelligent Manufacturing and Automation Engineering)」。9月27〜30日に開かれました。楠瀬さんは「伸縮型フレキシブル空気圧アクチュエータを用いた繊毛型パイプ検査ロボットの開発(Development of Cilia Type Pipe Inspection Robot Using Extension Type Flexible Pneumatic Actuators)」というタイトルで、柔軟な空気圧アクチュエータを3つ使って、複雑な配管をスムーズに移動できる検査ロボットに関する研究を発表しました。

発表セッションでは、日本人は楠瀬さんを含め2人のみで、他はマレーシア、台湾、中国の教員や博士課程の学生でした。楠瀬さんは「理大に入学した時は、国際会議で発表するなんて夢にも思っていませんでした。これまでいろいろな経験ができました。受賞を励みに、社会に出てからもさまざまなことにチャレンジしたい」と話しています。
 
指導教員の赤木徹也教授は「英語は多少もたついたものの、審査員から『新規性や有用性、英語のプレゼン能力などの評価項目で、1つ(英語)を除いて最高得点の評価だった』とのコメントをいただいた。同じ学会に参加した後輩の面倒もよくみていました。本当によくやった」と楠瀬さんの成長と努力をたたえています。


【岡山理科大学について】



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

加計学園, 岡山理科大学, ベストプレゼンテーション賞, 国際会議, ICIMA2019

カテゴリ
その他
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

岡山理科大 階段マラソンのトップランナー吉井さん 11階学舎駆け上がる/高さ46メートル「理想の練習場」

岡山理科大 IB教員志望の学生が福山・英数学館高でIB修了生インタビュー/「自分を確立できた」「人生革命」/生徒の学習成果に感心

死んだゾウと恐竜を映像で再現、カメハウスも新設/岡山理科大学生のラボ 岡山・池田動物園の再生プラン提言/経費はクラウドファンディングで


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.