後付け用宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」を発売
パナソニックグループ

2019年9月27日 13時40分
1/3ページ

後付け用宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」ミドル-ブラック
拡大
>>



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、宅配ボックスの更なる普及促進のため、手軽に設置できる後付け用宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」を2019年10月21日より発売します。

宅配業者の人手不足が社会課題となる中、パナソニックは宅配ボックスによる再配達率の削減効果などを検証する実証実験を2016年度から計3回実施してきました。いずれの実証実験でも宅配ボックスによる再配達率の削減効果が実証でき、ほとんどのユーザーが荷物の受け取りに関するストレスが「改善した」(※1)と回答しています。一方で、パナソニックが行った調査では宅配ボックスの普及率はいまだ約2%(※2)程度に留まっています。

「COMBO-Light」は独自の捺印機能などのコンボシリーズの基本的な特長はそのままで、お買い求めやすい本体価格(※3)を実現しました。さらに、ユーザーご自身で簡単に設置できる接着施工(※4)により、既築住宅への後付け設置が手軽に行えます。また、過去の実証実験では「荷物が大きくて入らなかった」「すでに荷物が入っていた」などの理由により、宅配ボックス設置後でも再配達が発生するという課題も判明しました。そうした課題を踏まえ、より大容量のラージタイプを新たに品ぞろえ。また、本体を連結して使用できるため、外出中に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取りが可能です。

パナソニックは生活者のニーズに根差した製品の開発により、宅配ボックスの普及を加速させ、運送業者およびユーザーの課題解決に取り組んでいきます。

<特長>



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, その他 - 事業分野別, 宅配, 通販, 宅配ボックス, 後付け, 接着施工, 大容量, 本体連結機能

カテゴリ
製品技術・開発
業種
不動産業物流・運輸製造・メーカー
この企業の新着リリース

「Aug Lab」がパートナー2機関と共同研究プロジェクトを開始 ―オープンイノベーションで「Well-Being」な社会の実現を目指す―

水素ステーション「H2 Kusatsu Farm」が稼働

アプライアンス社 草津拠点が50周年


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.