デイサービス事業者向けリハビリ支援クラウドシステムを開発
パナソニックグループ

2019年9月25日 17時00分
1/3ページ



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、タブレット一台で手軽に導入できるデイサービス事業者向けのリハビリ支援クラウドシステムを開発。今後、AIを活用した身体能力分析機能を加え、2020年度下期の製品化を目指します。本システムはパナソニック エイジフリー株式会社(以下、パナソニック エイジフリー)を通じて発売する予定です。

高齢者が増加する中、介護給付費は年々増加しており、2040年度には2018年度の2.4倍となる、25.8兆円に増大する(※1)と見込まれています。そうした中、政府は「予防・健康管理」と「自立サポート」を促す介護・医療保険の整備を進めており、平成30年度の介護報酬改定では身体機能や生活機能を維持・改善するための機能訓練(以下、生活機能訓練)を実施するデイサービス事業者を対象に、介護報酬への新たな加算が新設されました。一方で介護業界の人手不足も問題となっており、新たに生活機能訓練を取り入れたいが、人手をかけられないデイサービス事業者も多く存在します。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, プレスリリース, 技術・研究開発, 介護, リハビリ, デイサービス事業者, クラウド, 自立サポート, 予防・健康管理, 生活機能訓練

カテゴリ
サービス技術・開発
業種
サービス業IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

「Aug Lab」がパートナー2機関と共同研究プロジェクトを開始 ―オープンイノベーションで「Well-Being」な社会の実現を目指す―

水素ステーション「H2 Kusatsu Farm」が稼働

アプライアンス社 草津拠点が50周年


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.