ソフトウェア開発にゲーム要素を導入することで開発効率が向上 プログラム作成の作業時間を約20%短縮
学校法人近畿大学

2019年9月18日 17時00分
1/3ページ

ソフトウェア開発
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)理工学部情報学科 准教授 角田 雅照および経済学部 教授 佐々木 俊一郎らの研究グループは、ソフトウェア開発にゲーム要素を導入することにより、開発効率が高まることを明らかにしました。本件に関する論文が、令和元年(2019年)9月18日(水)に「電子情報通信学会 英文論文誌D」掲載予定論文としてインターネット上で早期公開されました。

【本件のポイント】
●作業時間の短さを得点化するゲーム要素を取り入れることで作業時間が約20%短縮
●作業効率の向上は、人工知能やフィンテックなどのシステムの開発にも応用が期待される
●学生が中心となって実験・研究を行った、総合大学の強みを生かした理工学部と経済学部による文理融合型研究

【本件の内容】
ソフトウェア開発作業の大部分は人手で行う必要があります。そのため、より多くの有用なソフトウェアを開発するには、人の作業効率の向上が重要となります。そこで、作業効率を向上させるために、ソフトウェア開発にゲーミフィケーションを取り入れて、効率が高まるかどうかを分析しました。ゲーミフィケーションとは、ゲーム以外の作業にゲーム要素、例えば作業している人の得点やグループ内順位を取り入れることにより、やる気を刺激する方法です。
本研究では、ソフトウェア開発における「プログラム作成」作業に対し、作業時間の短さが得点となるルールを決め、それらの作業を学生13人に取り組んでもらいました。その結果、プログラムの作成時間は平均で約20%短縮されました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

理工学部, 情報学科, ソフトウェア開発, ゲーム, 生産性, 論文, 研究, ゲーミフィケーション, 角田 雅照, 佐々木 俊一郎

カテゴリ
技術・開発調査・報告告知・募集
業種
サービス業官公庁・団体IT
この企業の新着リリース

三郷町と近畿大学が包括連携協定を締結 近畿大学の農学を中心とした総合力で三郷町を活性化

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

幕内優勝 コ勝龍関、朝乃山関を含むOB大相撲力士7人 母校で後輩に稽古 東大阪キャンパスにて


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.