大学院生が運用する対話AI「バーチャルTA」を講義に導入 持続的に進化するAIサービスへ
学校法人近畿大学

2019年9月13日 16時00分
1/4ページ

バーチャルTAの管理画面
拡大



近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)9月18日から開講される情報学科の専門科目「情報メディアプロジェクトII」の講義に、対話AI「バーチャル・ティーチング・アシスタント(バーチャルTA)」を導入し、その運用をTAである大学院生が主体となって行います。

【本件のポイント】
●過去の講義で得られた対話データを用いて、より講義に適したシステムに進化
●システム開発元の企業主体の運用から、大学院生主体の運用に移行する
●教員は、過去の対話データから学生の理解度・ニーズなどを把握し、講義内容を改善する

【本件の内容】



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

理工学部, 情報メディアプロジェクトII, AI, 活用, バーチャル, TA, 導入, manaBrain, 大谷 雅之, 山本 博史

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「キャッシュレス学園祭」 近畿大学が開催する西日本最大級「第71回生駒祭」の全屋台にキャッシュレス決済導入 「メルペイ」「LINE Pay」がコード決済提供

小学生が裁判官に!法廷教室で「摸擬裁判体験」 社会の一員としての自覚や司法への理解と倫理観を養う

「性犯罪被害防止教室」開催 女子高校生が危険回避術を体験


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.