NECプラットフォームズ、タイ工場に太陽光発電システムを導入 〜CO2排出量2050年実質ゼロに向けてスマートファクトリー化を推進〜
NECプラットフォームズ株式会社

2019年9月10日 09時00分
1/3ページ

太陽光発電システムが導入されたタイ工場外観
拡大



NECプラットフォームズ(代表取締役 執行役員社長 福田 公彦)は、生産関連会社であるNECプラットフォームズタイ(NEC Platforms Thai Co., Ltd.)(タイ国、パトンタニ県、社長 藤田 浩宣)の工場(以下、タイ工場)に、太陽光発電システムを設置導入し、今月より稼働を開始しました。

太陽光パネルは、2018年1月に新設した工場棟と、隣接の事務棟および駐輪場の屋根全面の計8,330平方メートルの規模で設置しました。これによる太陽光発電システムの総電力容量は1,400kWとなり、年間1,900Mwhの発電量の確保を見込んでいます。
また、タイ工場では、工場使用電力で大きなウエイトを占める空調機関連設備の運転台数や運転制御の最適化、省電力設備への置き換え、さらにこれらの設備の稼働状態の見える化・制御を行うFEMS(Factory Energy Management System)により、スマートファクトリー化を図っています。
太陽光発電システム導入による効果と合わせて、タイ工場の購入電力量を約40%削減できる見込みです。

NECグループは、2018年10月に認定されたSBT(Science Based Targets)(注1)に向けて再生可能エネルギーの活用拡大など温室効果ガス排出量削減に取り組んでおり、2050年に向けては “自社の事業活動に伴うCO2排出量:実質ゼロ” を目指しています。今回のタイ工場への太陽光発電システム導入はその一環となります。
また、当社のお客様やパートナー企業の中にはRE100(注3)を意識する企業が増えているため、それらの企業の事業方針に沿うためにも、まずタイ工場からCO2ぜロ生産を目指して太陽光発電システムを導入し、今後当社の国内工場へ展開していく予定です。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

タイ, タイ工場, 太陽光発電, スマートファクトリー, 太陽光パネル, NEC Platforms Thai, 温室効果ガス排出量削減, CO2ぜロ, 脱炭素社会, SDGs

カテゴリ
企業動向CSR
業種
製造・メーカー
この企業の新着リリース

NECプラットフォームズ、LTEバンド3などに対応した小型軽量のLTEモバイルルータ「Aterm MP02LN」を発売

NECプラットフォームズ、医療・介護関係事業者と在宅患者をセキュアにつなぐ遠隔診療システム向けプラットフォームを提供開始 〜がん哲学外来のオンライン診療システム「リモケア」に採用〜

NECプラットフォームズ、荷物取次業務の効率化を実現する「荷物サイズ計測ユニット」を発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.