全身シャワーによる温冷交代浴で運動後の身体的疲労を早期に改善
パナソニックグループ

2019年8月22日 13時40分
1/2ページ



パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、福岡教育大学 保健体育ユニット 片平 誠人(かたひら まこと)教授と共同で、複数の吐出口を有し全身同時に浴びるシャワー(以下:全身シャワー)による温冷交代浴(以下:交代浴)(※1)が、運動後の身体的疲労回復に及ぼす効果を検証。その結果、一般的なハンドシャワーによる身体洗浄(以下:ハンドシャワー浴)や全身シャワーによる温水浴に比べて、身体的な疲労のケア、身体のコンディショニング手法としてより有効であることを確認しました。
なお、今回の研究成果は2019年9月19日〜21日につくば国際会議場で開催される第74回日本体力医学会大会にて発表予定です。

<背景>
健常者、障がいのある方を問わず、スポーツ・運動への意識が高まっている中、交代浴は運動・トレーニング後の疲労回復手段として特に競技スポーツの現場で認知・利用されています。交代浴は通常、2つの浴槽を必要とするため湯はりなどの準備に手間ががかる、浴槽に入るたびに湯水の温度が変動するなどの問題があります。また、多人数で使用する際には衛生的配慮が必要であったり、浴槽入浴が困難な障がいのある方の運動・トレーニング後の疲労回復手段として使えないといった問題もあります。したがって、全身シャワーによる交代浴が、浴槽を用いた交代浴と同様に疲労回復効果を得ることができれば、効果的かつより手軽に交代浴が実施できると考えられるため、その検証を福岡教育大学と共同で実施し、有効性を確認することとしました。

<結果>



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, プレスリリース, 疲労, 温冷交代浴, スポーツ, 運動, 全身シャワー, 研究成果, 福岡教育大学, 日本体力医学会大会

カテゴリ
調査・報告サービスその他
業種
製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

一人ひとりの最適に変化し続ける、多世代居住型健康スマートタウン『Suita SST』の構想を策定

「日本オリンピックミュージアム」にパナソニック機材を納入

フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX S1HからATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー NINJA Vへ最大5.9K29.97pの動画RAWデータを出力するファームウェアを開発


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.