文化庁の多言語解説整備事業にKotozna多言語コミュニティシステムが採択
Kotozna株式会社

2019年8月8日 16時00分
1/2ページ

Kotoznaロゴ
拡大



 Kotozna株式会社 (東京都港区、代表取締役:後藤玄利)は、宇佐国東半島を巡る会(大分県国東市 会長:河野英信)と共同して文化庁の多言語解説整備事業に採択され、今後、国東半島の多言語整備を通して訪日外国人の交流人口拡大を図ります。

Kotozna株式会社は宇佐国東半島を巡る会と共同して、文化庁の多言語解説整備事業において「国東半島文化財WEBコンテンツ整備事業」が採択されました。
本事業は当社が提供する多言語コミュニティシステムをプラットフォームとして、文化財情報を多言語に翻訳し、世界に情報発信するだけでなく、国東半島の文化財情報をチャットやSNSなどの最新技術を活用して、国東半島チャットを構築して多言語コミュニケーションの拡大を図ります。

 この取り組みは、外国人観光客向けに文化財や観光スポットなどの紹介を多言語で解説するだけにとどまらず、人同士の多言語での会話を容易にすることで、解説だけでは語り尽くせない国東半島の魅力を伝え知っていただく機会の創出や交流の活性化、さらにおもてなしの向上で、外国人観光客が過ごしやすい環境づくりに寄与し、国東半島のファン作りに貢献します。

 HP:kotozna.com



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

国東半島, 文化財, 多言語, 同時翻訳, サービス, プラットフォーム, AI, コミュニケーション, 外国人, 観光客

カテゴリ
サービス
業種
ITサービス業
この企業の新着リリース

外国人と地域住民等によるスマホでの多言語同時翻訳ツールを使った災害避難の実証実験について ≪九大箱崎キャンパス跡地のまちづくりの先進的な取組み≫

福岡県糸島のバスツアーで多言語同時翻訳サービスの『Kotozna Travel Chat』を導入! 訪日外国人ツアー参加者と互いの母国語によるスムーズなコミュニケーションが可能に!

Kotozna Inc, provider of real-time, multi-lingual translation services, selected to join “J-Startup” program, a METI initiative to create unicorns


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.