アミタHD、NECソリューションイノベータ 「資源循環事業の高度化」に関する包括連携協定を締結
NECソリューションイノベータ株式会社

2019年7月25日 10時15分
1/4ページ

本協定調印式の様子(写真左から:アミタホールディングス 代表取締役会長 熊野英介、NECソリューションイノベータ 執行役員 八尋美徳)
拡大
>>



アミタホールディングス株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役会長:熊野英介)とNECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員社長:杉山清)は、2019年7月22日(月)に「資源循環事業の高度化」に関する包括連携協定を締結しました。

包括連携協定の概要

■目的・背景
地下資源の枯渇や資源調達競争の激化をはじめとする国内外の環境制約が高まる一方、国内では部分最適の資源利用や廃棄物処理がなされており、不必要な埋立・焼却処分、非効率な収集運搬・処理や、これらに伴うエネルギー消費等といった課題が生じています。

このたびの連携は、上記の現状に対し、ICTの活用を通して、産業界のサプライチェーンにおける資源利用の全体最適を実現する「資源循環事業の高度化」に取り組むものです。

同じ「持続可能な社会の実現」を標榜する2社の連携により、サーキュラー・エコノミーの推進に寄与する資源循環モデルの実現を目指します。


■締結日
2019年7月22日(月)


■本協定を通じた取り組み内容
1.廃棄物再資源化におけるサプライチェーン全体のデータ取得、蓄積に関する事項
2.ICTを活用した100%リサイクルサービスの高度化に関する事項
3.その他、両者協議により定める事項


サプライチェーン上の各社(製造会社、処理会社、収集運搬会社、リサイクル製品のユーザー会社、地方自治体等)と連携し、廃棄物の再資源化に関するデータ(廃棄物の排出・収集運搬・処理、およびリサイクル製品)をICTにより取得・蓄積・分析します。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

協定, 資源循環, サーキュラー・エコノミー, サプライチェーン, リサイクル, 持続可能な地域づくり, 廃棄物の再資源化

カテゴリ
企業動向
業種
IT
この企業の新着リリース

【報道資料】NECソリューションイノベータ、KNT-CTグローバルトラベルに「NEC ツアーガイドマッチング支援」を提供

【報道資料】NECソリューションイノベータ、「NEC GAP認証支援サービス」が農業食料工学会「2019年度開発賞」を受賞

【報道資料】NECソリューションイノベータ、画像による人物像分析システム「FieldAnalyst」の最新版および新シリーズの提供を開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.