岡山理科大 学生3人に学外学修支援の「岡理GAP」適用/オーストラリアやフィリピンで社会学習へ
岡山理科大学

2019年7月24日 12時00分
1/2ページ

授与式後、写真に納まる(左から)松下さん、平岡さん、柳澤学長、岡田さん
拡大



岡山理科大学(岡山市北区理大町)は学生の学外学修活動を経済的に支援する制度「岡理GAP(ギャップ)」を設けており、2019年7月9日、本年度第I期の採択通知書授与式を学長室で行いました。3人が採択され、それぞれ8月から9月にかけてオーストラリアやフィリピンに出発し、1カ月ほど活動します。

3人は、オーストラリアで医療英語を学ぶ理学部臨床生命科学科3年、松下大空(まつした・ひろたか)さん▽ストリートチルドレン救済活動に取り組むフィリピンのNPO法人と交流する生物地球学部生物地球学科3年、平岡和(ひらおか・まどか)さん▽米国シアトルでマイクロソフトなどの企業訪問に取り組む工学部バイオ・応用化学科2年、岡田悠汰(おかだ・ゆうた)さん。

柳澤康信学長が通知書を手渡し、「3人とも目的意識がしっかりしており、成果を上げてくれるのを期待しています」と激励しました。松下さんは「しっかりと準備し、いただいたチャンスを生かしたい」、平岡さんは「たくさんのことを修得してきたい」、岡田さんは「日本では味わえない民族性、考え方を学んできたい」と、決意を述べました。

岡理GAP制度は2016年度に始まり、適用は計23人となりました。本年度第II期は10月に申請を受け付けます。

<「岡理GAP」の概要>



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

加計学園, 岡山理科大学, 岡理GAP, 学外学修活動, オーストラリア, フィリピン

カテゴリ
その他
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

岡山理科大 求人社数初の1万社突破/理系学生ひっぱりだこ!/業種はメーカーやIT・情報処理

岡山理科大学・千葉助教も研究に参加 北海道で見つかった恐竜化石「むかわ竜」は新属新種と判明 /学名「カムイサウルス・ジャポニクス」

岡山の「世界大恐竜展」閉幕 7万人超の入場者でにぎわう/岡山理大出展のタルボサウルスなど大人気 夏休みの家族連れ興味津々


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.