テクニクス ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー SL-G700 を発売
パナソニックグループ

2019年7月22日 13時40分
1/2ページ

テクニクス ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー SL-G700
拡大



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、テクニクスブランドにおいて初めてスーパーオーディオCD(SACD)の再生に対応するとともに、ハイレゾ、ストリーミングなど多彩な音楽メディアの再生にも対応するネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー SL-G700 を2019年8月23日より発売します。

近年、定額制音楽配信に代表されるストリーミングサービスが拡大するほか、ハイレゾやSACDなど高音質の音源が増加するなど音楽を楽しむ環境は多様化しており、さまざまな音楽コンテンツを高音質で楽しみたいというニーズが高まっています。

本製品は、SACD/CDの再生に加え、MQA(R)のほか各種ハイレゾ音源、豊富な音楽ストリーミングサービスにも対応しています。低ノイズ電源やD/A変換回路、ノイズ対策などテクニクスのデジタルプレーヤーで培った高音質再生技術を結集するとともに、4分割・3層構造のシャーシや前面・側面のアルミパネル、アルミダイキャスト製のディスクトレイなど、豊かで繊細なサウンドを演出する高品位なデザインを採用しています。

パナソニックは本製品を、SACD/CDなどのディスクだけでなく、ハイレゾやストリーミングなどさまざまな音源を高音質で楽しみたいオーディオユーザーに提案していきます。

<特長>
1. SACDからストリーミングまで多彩な音楽メディアの再生に対応
・MQA(R)音源の再生にも対応
2. テクニクスデジタルプレーヤーで培った高音質再生技術を結集
3. 高音質を支える筐体・シャーシと高品位なデザイン

【品名】ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー
【品番】SL-G700
【色】-S(シルバー)



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

家電(個人向け商品), プレスリリース, テクニクス, SACD, スーパーオーディオCD, ハイレゾ, 定額制音楽配信, ストリーミング, 高音質, アルミパネル

カテゴリ
製品技術・開発
業種
サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

独自の技術で真空断熱ガラスのバリエーションを増強

土地・建物のサブリースによる独自の運営スキーム「インバウンド・リンクシステム」を採用したパナソニック ホームズ初の特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』が竣工

パナソニック「Annual Report 2019」を公開


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.