統計数理研究所、研究活動の見える化や戦略策定に貢献する新しい評価指標にオラクルのクラウドを活用
日本オラクル株式会社

2019年7月18日 11時00分
1/5ページ


新指標開発の中核となる3,000万件以上の研究論文データ処理をオラクルのグラフ・データベースと高性能コンピューティングにより効率化、大学や研究機関からの利用を可能にする拡張性、信頼性の高いシステム構築を実現


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 統計数理研究所(所在地:東京都立川市、所長:椿 広計、以下「統数研」)が同所の「異分野融合の進展や効果を公正かつ適切に評価するための新指標の研究開発」プロジェクトにおける、研究IR(Institutional Research)の新評価指標「多様性指標(Research Diversity Index)」(以下、REDi)の開発およびシステム基盤として「Oracle Cloud」を導入したと発表しました。

統数研は1944年に文部省直轄の研究所として設置され、統計数理研究の中心的な研究機関として、その発展のための先駆的役割を果たしてきました。2004年からは大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の一員となり、他の分野の研究機関と連携して分野の枠を超えた融合研究へも取り組んでいます。



続きを読む(1/5ページ)

カテゴリ
製品
業種
IT
この企業の新着リリース

オラクル、「Autonomous Database」と「Oracle Cloud Infrastructure」を無期限で無料提供

オラクル、次世代クラウド導入のための選択肢を提供

オラクル、データベース・イノベーションにおけるリーダーシップを拡大


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.