絶滅危惧種タマカイの3歳未成魚のオス化に世界で初めて成功 高級ハタ類の養殖研究の発展に期待
学校法人近畿大学

2019年7月17日 14時00分
1/3ページ

オス化したタマカイ(体重8.0kg)
拡大



近畿大学水産研究所奄美実験場(鹿児島県大島郡瀬戸内町)は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種とされているタマカイの親魚養成の研究を平成27年(2015年)から行っています。この度、奄美海域の海上網生簀で養成していたタマカイ3歳魚(約3〜9kg)をオス化することに成功しました。通常、タマカイは50kg以上でオス化するとされ、このサイズでのオス化は世界初の成果です。

【本件のポイント】
●絶滅危惧種であるタマカイを、3歳未成魚でオス化させることに世界で初めて成功
●天然資源の保護に貢献するため、タマカイの人工種苗生産、完全養殖技術の確立をめざす
●国内で採取した精子を用いた、クエタマを始めとする高級ハタ類の養殖研究の発展に期待

【本件の内容】
タマカイは主に熱帯域に生息する世界最大級のハタ科の魚類で、美味であることから東アジアや東南アジアでは高級魚として取引されています。しかし、乱獲によって天然資源の減少が進み、絶滅危惧種に指定されています。
タマカイは雌雄同体(一生の中で性が変わる)で生殖腺がまずメスとして成熟した後、性転換によってオスとして成熟する魚です。タマカイのオスは34〜120kgと報告されています。30kgサイズ以上になるには通常5年ほどかかるといわれており、オス親魚の養成に年月がかかることが問題でした。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

水産研究所, 奄美実験場, 絶滅危惧種, タマカイ, オス化, 成功, 人工種苗生産, 完全養殖, クエタマ, 世界初

カテゴリ
業績報告調査・報告
業種
官公庁・団体サービス業漁業
この企業の新着リリース

「宮崎県と近畿大学とのUIJターン就職支援に関する協定」を締結

心肺蘇生法の必要性・重要性を理解しよう 運動部所属の生徒を対象に「心肺蘇生法講習会」を実施

法学部の学生が宮城県でフィールドワーク 災害・復興に対する行政の取組みについて現地調査を実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.