パナソニックが業界最大容量 導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化 〜2019年8月から量産開始
パナソニックグループ

2019年7月16日 13時00分
1/3ページ

導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ
拡大



パナソニック株式会社インダストリアルソリューションズ社(以下、パナソニック)は、車載ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)などに使用される大容量品の導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化、2019年8月から量産を開始します。最大サイズφ10x 10.2mm品でのさらなる容量アップによる員数削減と、小形サイズφ5x 5.8mm品でのさらなる容量アップによる従来標準品(ZCシリーズ)からの小形化を実現し、車載ECUの小型化に貢献します。

導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサは、導電性高分子と電解液の融合により低抵抗・高信頼性の特長を持ち、車載エンジンECU、BMS(Battery Management System)などの制御回路から、電動ポンプ、ラジエターファンなどのモータ駆動回路、さらにはADAS用途(カメラ、センサ、制御回路等)に幅広く使用されています。自動車の電動化の進展により、安全性・信頼性向上を目的とした冗長設計がなされ、同一ECUの2台実装などで、車載ECUが増加しています。実装スペースを確保するために基板の小型化設計が必要であり、同じサイズでのコンデンサの大容量化や大電流化による員数削減やコンデンサの小形化が求められています。このようなご要望にお応えするため、パナソニックは電極箔の大容量技術により、業界最大容量品(※1)の導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化しました。

■「導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ(ZKUシリーズ)」の特長
1. 業界最大容量品(※1)によるコンデンサ員数削減と小形化での基板面積削減に貢献



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

デバイス, 新製品・サービス, エンジンECU, 電動車, バッテリーマネージメントシステム, インバータ, パワーステアリング, 大容量, 車載関連, コンデンサ

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

パナソニックが東京2020パラリンピック1年前としてイベント「パラリンピックのちから」を開催

「第6回女性技術者育成功労賞」を受賞

エボルタNEOくんが「トライアスロン」走破


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.