オージス総研、独自アルゴリズムによる高精度な指針値識別を行う 『アナログメータ可視化サービス』のトライアル提供を開始 〜 専用カメラで撮影したアナログメータ画像をIoTと独自アルゴリズムで解析・可視化(特許出願中)〜
株式会社オージス総研

2019年7月8日 13時00分
1/3ページ

アナログメータ可視化サービスの特長
拡大



株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:中沢正和 以下、オージス総研)は、独自アルゴリズムにより、アナログメータの指針値を高精度に識別および可視化することができる「アナログメータ可視化サービス」のトライアル提供を開始します(2019年7月より)。

「アナログメータ可視化サービス」は、遠隔・工場内に点在するアナログメータの指針値を、現地確認することなく可視化および確認できるサービスです。独自開発のアダプターによってカメラユニットをメータに強固に固定し、自動撮影した画像を、独自の画像識別アルゴリズムで解析することにより、高い精度で識別可能です。これらの機能をクラウドサービスとしてご提供します(特許出願中)。

製造現場で活用されているアナログメータには、「遠隔地や工場内に点在するので確認に労力がかかる」や「高所・狭所・暗所での確認は手間だけでなく危険」、「指針がぶれ、値を読み取り辛い」等の課題があります。本サービスを利用して、アナログメータの読み取りを自動化することで、現場への移動・確認作業の削減による省力化や高所・狭所・暗所での確認作業の削減による安全性向上、針振れ等による読取・転記ミスがない正確な記録が可能となります。また、異常値を計測した際のアラート通知も可能となるなど、製造現場の様々な課題の解決に繋げることができます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

アナログメータ可視化, IoT, クラウドサービス, 製造現場, 異常値計測

カテゴリ
サービス
業種
IT
この企業の新着リリース

オージス総研、「AWS Well-Architectedパートナープログラム」認定を取得

企業間を速く・簡単に繋ぐEDIサービス「eCubenetデータフロー」の提供を開始

リユースパソコンを活用した地域貢献「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」 「10周年記念贈呈式」を実施しました


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.