岡山に根付け「エシカル消費」  岡山理大経営学部がアンケートや商品開発など「エシカルラボ」活動
岡山理科大学

2019年7月4日 15時00分
1/2ページ

アンケート調査に入る前に担当教員から指導を受けました
拡大



人や環境、社会に配慮した消費行動「エシカル(ethical)消費」を岡山に根付かせようと、岡山理科大学(岡山市北区理大町)経営学部の「エシカルラボ」が2019年4月にスタート。商店街での意識調査やフェアトレード商品の販売実習など活発な活動を続けています。

「エシカルラボ」は、経営学科の課題解決型プロジェクト科目「イノベーション・ラボ」の7つのラボの一つとしてスタート。担当教員は川島聡准教授、横山明子非常勤講師で、3年生19人と教職員が基礎知識を学ぶとともに、活動に取り組んでいます。

5月の「おかやまフェアトレードデー!」(岡山県国際交流協会主催)では、イベントの司会進行やグループディスカッションに参加。岡山市の表町商店街で170人の歩行者にアンケートを行いました。その結果、エシカル消費を知らない人が約70%いたものの、フェアトレードやリサイクルなどに関連する用語が商品についていれば約30%が購買意欲を示すことが判明。商品に関する情報源はSNS、テレビ、雑誌がトップ3を占め、情報発信の必要性が分りました。結果は「岡山フェアトレードの会」で報告しました。

現在、岡山市の障がい者の就労支援事業所「株式会社ありがとうファーム」などと連携し、裁断したのぼり旗のハギレを利用した商品の開発を進めています。

横山講師は「消費者にとって魅力的なエシカル商品を開発し、その販売を通じて、もっと地域の皆さんにエシカル消費について知ってもらえるように、活動をしていきたい」と話しています。

<エシカル消費>



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

加計学園, 岡山理科大学, エシカル消費, イノベーション・ラボ, おかやまフェアトレードデー!

カテゴリ
その他
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

岡山理大で第1回ホームカミングデー/模擬授業では同窓生教員が、教員志望の学生たちを熱く指導

岡山理科大学大学院楠瀬さん 国際会議で2度目のベストプレゼン賞/検査ロボットの研究発表

岡山理大に学生の消防応援隊発足/災害に備え啓発活動や訓練予定


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.