岡山理科大 ゴルフ場コースでの授業スタート/総支配人らからマナーやルール学ぶ
岡山理科大学

2019年6月25日 12時00分
1/2ページ

初のコース授業を終えて晴れやかな表情の学生たち
拡大
<<



岡山理科大学(岡山市北区理大町)は岡山県ゴルフ協会との包括連携協定に基づいて2019年6月12日、岡山市北区の後楽ゴルフ倶楽部で、教養教育科目「スポーツとフィールド科学・ゴルフ」の授業をスタートさせました。

ゴルフ授業は春1学期と秋1学期の週1回2コマ実施。普段は岡山県赤磐市のゴルフ練習場で基本的な技術・知識を学修しており、本コースでの授業は初めて。 この日は9人の学生が受講し、本コースでの授業開講式に続いて後楽ゴルフ倶楽部の大西弘昭・総支配人から、ゴルフの基礎的なマナー、ルールなどについて説明を受けた後、コースに出て芝のメンテナンスやバンカー整備などを体験しました。

続いて4組に分かれ、ロング、ミドル、ショートと変化に富んだ4ホールに挑戦。コースに出るのが初めての学生もいましたが、基本的な技術は既に学んでいるとあって、ナイスショットにはガッツポーズも飛び出しました。

「今後も生涯スポーツとしてゴルフをやりたいです」「座学では得られないとても貴重な体験でした」。学生たちからは、こんな感想が聞かれました。秋1学期の最終授業では、コースに出てグループ対抗コンペ(9ホール)を実施する予定です。


【岡山理科大学について】
www.ous.ac.jp
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。 2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

加計学園, 岡山理科大学, ゴルフ, スポーツとフィールド科学・ゴルフ

カテゴリ
その他
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

岡山理科大 学生3人に学外学修支援の「岡理GAP」適用/オーストラリアやフィリピンで社会学習へ

岡山理科大 岡山シティミュージアムでタルボサウルス組み上げ――7月13日から大恐竜展/恐竜博士のギャラリーツアーも楽しみ

岡山に根付け「エシカル消費」  岡山理大経営学部がアンケートや商品開発など「エシカルラボ」活動


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.